ウクライナ侵攻

戦場で新しい国境が決まる

このブログでは、シカゴ大学政治学部教授のジョン・ミアシャイマー氏や、フランスの歴史人口学者のエマニュエル・トッド氏に言及したことがあります。が、私は日本人では、国際政治アナリスト伊藤貫氏の動画「真剣な雑談」や、元外務省主任分析官佐藤優氏の論...
ウクライナ侵攻

ウクライナの反転攻勢について

1.それはいつなのか? 西側からの兵器を得て、いよいよウクライナが反転攻勢をしかけるだろうと、マスメディアやネットで話題になっています。 その時機を巡っては、既に始まっているとの説もあれば、近日中に始まるとの説もあれば、ウクライナには反転攻...
ウクライナ侵攻

ロシアの侵攻目的

1.ロシアの目的 今月7日公開の投稿でも述べましたが、昨年2月24日、侵攻直前にプーチン大統領が行ったテレビ演説によれば、その目的は、A.「ロシアの重要な安全保障問題」とB.「ドンバスの悲劇的な事態」の解決です。その具体的な内容に関する、自...
ウクライナ侵攻

プーチン大統領の侵攻前演説を読む

1.ロシアの言い分 昨年2月24日、ロシア軍はウクライナへ侵攻しました。主権国家が主権国家に侵攻したのですから、それは明らかに国際法違反であり、侵略である。だから、ロシアの行動は非難してしかるべきだとの意見が、少なくとも西側諸国では圧倒的で...
ウクライナ侵攻

なぜロシアの動機を非合理的にしか説明できないのか

昨年4月3日に「なぜ二つの立場に分かれるのか ウクライナ侵攻」という記事を公開しました。短いので、全文を引用します。 「ロシアによるウクライナ侵攻に関しては、様々な意見があります。細々とした意見の相違を別にすれば、大枠として二つの意見に集約...
ウクライナ侵攻

膠着ならロシアの勝ち

バフムート攻防戦に関する、あるヤフー記事のコメント欄に、4月14日ある人は書いています。 「東部の一都市を制圧するのに何か月かかるんだよ。これじゃウクライナ全土の掌握など100年かかるな(笑)」 今月11日公開の記事「ウクライナの併合はロシ...
ウクライナ侵攻

習近平氏訪露が意味するもの

ーロシアの負け、はないー 先月20日、習近平支国家主席はロシアを訪問し、プーチン露大統領と会談を行いました。その「双方のねらいと世界への影響」の分析はNHKに任せて、私の個人的な見解を述べます。 昨年2月24日に始まったロシアによるウクライ...
ウクライナ侵攻

西側の支援目的

昨年2月24日の、ロシアによるウクライナへの侵攻以来、アメリカを筆頭とするNATO諸国やその他の西側諸国は、ロシアに対しては経済制裁、ウクライナに対しては軍事、経済支援を行っています。 そもそも、西側の支援の目的は何なのでしょうか。・ウクラ...
知的誠実

転向の理由

転向はその殆どが左派から右派への一方通行です。時たま、左翼から保守を通り越して右翼に走る者もあります。戦後は特高警察による拷問がある訳でもなし、なぜ転向者は宗旨変えをするのでしょうか。 エンゲルス曰く、「唯物史観と、剰余価値による資本主義的...
歴史認識

戦後ドイツの反省

第二次大戦以前の国家の行為に対し、ドイツは真摯に反省したから近隣諸国と和解できているのに比べて、日本は心から謝罪しないから、韓支との関係がいまだにギクシャクしていると非難されます。しかし、はたしてドイツは本当に反省しているのでしょうか。 ド...