ウクライナ侵攻

ウクライナはロシアに勝てると思っていた!?

昨年11月1付英エコノミスト誌の記事によれば、ウクライナ軍の総司令官ザルジニー氏は、昨年6月4日の反転攻勢開始の時点で、「『反転攻勢が上手く行く』と信じていた」という(1)。ん!? 昨年3月における、習近平氏の侵攻後初の訪露は、一年以上戦争...
ウクライナ侵攻

私見 ウクライナ侵攻の理由

どこの国も、自国が受ける安全保障上の脅威に対しては敏感ですが、他国のそれに対しては鈍感です。小国・弱国は自国の安全が脅かされても、なすすべもなく手をこまねいているしかありませんが、大国・強国はそれに対処しようとします。時に過剰なまでに。 ア...
未分類

ウクライナとロシアは同じくらい

昨年2月24日のウクライナ侵攻直前に行った演説で、プーチン大統領は、ロシアの動機は「ドンバスで起きている悲劇的な事態」と、「ロシアの重要な安全保障問題」であることを明示しています(1)。そして、その演説と、そこで言及されている同年2月21日...
未分類

戦場で新しい国境が決まる

このブログでは、シカゴ大学政治学部教授のジョン・ミアシャイマー氏や、フランスの歴史人口学者のエマニュエル・トッド氏に言及したことがあります。が、私は日本人では、国際政治アナリスト伊藤貫氏の動画「真剣な雑談」や、元外務省主任分析官佐藤優氏の論...
未分類

ウクライナの反転攻勢について

1.それはいつなのか? 西側からの兵器を得て、いよいよウクライナが反転攻勢をしかけるだろうと、マスメディアやネットで話題になっています。 その時機を巡っては、既に始まっているとの説もあれば、近日中に始まるとの説もあれば、ウクライナには反転攻...
未分類

ロシアの侵攻目的

1.ロシアの目的 今月7日公開の投稿でも述べましたが、昨年2月24日、侵攻直前にプーチン大統領が行ったテレビ演説によれば、その目的は、A.「ロシアの重要な安全保障問題」とB.「ドンバスの悲劇的な事態」の解決です。その具体的な内容に関する、自...
未分類

プーチン大統領の侵攻前演説を読む

1.ロシアの言い分 昨年2月24日、ロシア軍はウクライナへ侵攻しました。主権国家が主権国家に侵攻したのですから、それは明らかに国際法違反であり、侵略である。だから、ロシアの行動は非難してしかるべきだとの意見が、少なくとも西側諸国では圧倒的で...
未分類

なぜロシアの動機を非合理的にしか説明できないのか

昨年4月3日に「なぜ二つの立場に分かれるのか ウクライナ侵攻」という記事を公開しました。短いので、全文を引用します。 「ロシアによるウクライナ侵攻に関しては、様々な意見があります。細々とした意見の相違を別にすれば、大枠として二つの意見に集約...
未分類

膠着ならロシアの勝ち

バフムート攻防戦に関する、あるヤフー記事のコメント欄に、4月14日ある人は書いています。 「東部の一都市を制圧するのに何か月かかるんだよ。これじゃウクライナ全土の掌握など100年かかるな(笑)」 今月11日公開の記事「ウクライナの併合はロシ...
未分類

習近平氏訪露が意味するもの

ーロシアの負け、はないー 先月20日、習近平支国家主席はロシアを訪問し、プーチン露大統領と会談を行いました。その「双方のねらいと世界への影響」の分析はNHKに任せて、私の個人的な見解を述べます。 昨年2月24日に始まったロシアによるウクライ...