誰が第二次世界(欧州)大戦を始めたか

先日友人に質問をしてみました。
第二次世界大戦の、ヨーロッパの戦争はなぜ始まったのか、どこの国が始めたと思うかと。
ドイツが始めた、同国が近隣諸国を侵略したから始まったとの答えでした。その辺の中学生から、左系新聞やテレビなどのマスコミ従事者まで、大方そんな認識でしょう。

第二次欧州大戦は1939年9月3日、イギリスとフランスがドイツに宣戦して始まったのだから、戦争を始めたのは英仏です。

ドイツは近隣諸国を侵略したではないかと言いますが、イギリスやフランスはアジア・アフリカをドイツ以上に、長期的かつ広範囲にわたって侵略していました。
他国家民族を侵略するのがそんなに悪いことなら、英仏はまず自国に対して宣戦布告すべきでした

当時の欧米には、アジアやアフリカは侵略しても良いが、欧州はいけないとの不文律があったとしか考えられません。
どうしてそんな人種差別主義的通念に基ずく歴史観に、私たち日本人が付き合う必要があるのでしょうか。

戦前の先進国は、わが国を含めて皆対外侵略的だったから、今日それを咎めても意味がないのですが、もしドイツがその侵略に対して「有罪」なら英仏も「有罪」、英仏が「無罪」ならドイツも「無罪」です。そして、罪刑法定主義に従うなら、対外侵略に関して、英仏独何れも無罪です。

ドイツが有罪なのは、ユダヤ人を虐殺したからです。それは戦争犯罪ではなく、「戦争中の犯罪」です。
戦争犯罪は連合国も同盟国もおかしています。連合国はニュールンベルグ裁判によって、戦争中の犯罪を戦争犯罪にすり替えました。そして、それによって戦争の印象操作を行いました。
ユダヤ人虐殺がなければ、連合国=善、同盟国=悪という戦争観が成り立たないからです。

では、ある特定の人種・民族を虐殺していない日本は?
言うまでもありません。