左派とその敵・右派とその敵

1.右派は支配階級の利益を代弁する党派か

ウィキペディアの「左翼・右翼」の項目に、次のような記述があります。

「社会学者のRobert M.MacIverは1947年の著作『The Web of Government』で以下のように記している。
右翼は上流または支配階級の利益に関連した党派で、左翼は経済的または政治的な下層階級を代表した党派で、中道とは中産階級を代表した党派ある。この基準は歴史的には妥当である。保守的な右翼は固定化された特権や権力を防衛し、左翼はそれらを攻撃する。右翼は出生や富によって階層を形成する、より貴族的な立場を好み、左翼は利益の平等または機会の平等を求めて闘う。民主的な制度の下で両者が衝突する場合、それぞれの階級の名称ではなく、それぞれの原則の名称が主張されるが、しかし対立する原則は実際にはそれぞれの階級の利益と広く関連している」

同「極右」の項目にも次のような文言があります。

「極右とは、左翼・右翼の分類を前提とした用語で、特権階級の特権を極端に維持しようとする個人や集団を指す」

これらの説明は妥当でしょうか。

2.身長と体重

左派と右派の発想の違いを、身長と体重のたとえによって、説明しましょう。

左派は国民全体を、身長の高い者と低い者に分け、前者は敵、後者は味方だと考えます。そして、前者の代弁者が右派であり、後者の代弁者が左派であると。自分たちは低い者の味方であり、自分たちに敵対しているのだから、右派は高い者の味方に違いない!

では、右派の認識は左派と同じでしょうか。違います。
右派は国民全体を、身長ではなく体重の重い者と軽い者に分け、前者は味方、後者は敵だと考えます。そして、前者の代弁者が右派であり、後者の代弁者が左派だと考えます。
すなわち、左派と右派は全く別の基準を用いて、敵と味方を峻別しているのです。

3.階級と国家

冷戦時代の左派=社会・共産主義者にとって、資本家階級は敵で、労働者階級が味方でした。そして、右派は前者の代弁者で、左派は後者の代弁者だと考えていました。
自分たちは労働者階級の味方である、そして、自分たちに反対するのだから、右派は資本家階級の味方に違いない!が、左派の論理です。

一方、右派による敵味方の判定基準は、資本家階級であるか労働者階級であるかではなく、愛国派であるか否か(当人の主観によりますが)です。
資本家の中には愛国派もいるし、反愛国派もいる。一方の労働者の中にも愛国派もいれば反愛国派もいる。要するに、右派にとって、資本家階級であるか労働者階級であるかではなく、愛国派か反愛国派かが(勿論、保守派か進歩派かもですが)問題なのです。
「自分たちに反対するのだから、右派は資本家階級の味方に違いない!」は、左派特有の誤解です。

4.右派は支配階級の利益を代弁する党派ではない

「右翼が上流階級または支配階級の利益に関連した党派で、左翼は経済的または政治的な下層階級を代表した党派」だと政治学者であり、社会学者であったマッキーバーは述べています。しかし、現実には日米欧共に、インテリは左派に傾き、大衆は右派に傾きます。そして、インテリは大衆よりも上流または支配階級に近く、大衆はインテリに比べると経済的または政治的な下層階級に近いのです。
また、「中道とは中産階級を代表した党派である」とありますが、わが国で長年中道を標榜しているのは公明党です。かの党は、「中産階級を代表した党派」なのでしょうか。
極右はどうでしょうか。「特権階級の特権を極端に維持しようとする個人や集団」でしょうか。しかし、彼らは、社会からドロップアウトした者が少なくありません。戦前、五・一五事件や二・二六事件を初め、戦前戦後の右翼テロを見れば分かりますが、彼らはもっぱら支配層を狙いました。
右派は、とても「支配階級の利益に関連した党派」だとは言えません。

マッキーバーの記述は、現実の社会を正確に表していません。 彼が左派であったかどうかは知りませんし、左派でなかったとしても、1947年の時点では、時代の影響を、攻勢極限点の前の、上り坂にある左派の影響を、大いに受けていたのかも知れません。けれども、今から見れば、典型的な左派の主張になってしまっています。だから、それは左派の意見だと見做して良いし、大方の左派も同意見だったでしょう。

自己の見方を絶対視するのと、右派の発想が理解できないのが、左派の欠点です。

【追記】
上記の「左翼・右翼」と「極右」からの引用箇所は、冷戦時代の左派による右派を解釈した記述になっています。
冷戦後、社会・共産主義勢力の退潮により、左派の主流はリベラルに取って代わられました。彼らの信仰箇条の一つは、<あらゆる差別はなくせるはずである>です。
リベラル派の論理はこうです。
我々は差別に反対である。そして、右派は我々に反対する。故に、右派は差別に賛成の立場に違いない!左派が得意とする痴の三段論法です。
その結果、トランプ米大統領は差別主義者のレッテルを貼られることになりました。

右翼のモットー・保守のモットー

ペンは剣よりも強し、という格言があります。

その格言の真偽はともかく、剣で戦う右翼のモットーは、一に肉体言語、二に肉体言語、三四がなくて、五に言論または街宣(街頭宣伝)でしょうか。 
危機の時代の右翼は政治敵を殺害してでも目的を達成しようとし、平和な時代の右翼は、世に主張を訴えるべく自裁する(三島由紀夫、野村秋介)。
政治敵を殺害ないし殺害しようとした後、自害した右翼もありますが(山口二矢、来島恒喜)。

私は(異端の)保守派を自認していますが、ペンで戦う保守のモットーは何でしょうか。
一に文章、二に文章、三四がなくて、五に思想、だろうと思います。保守は文なりです。
こう言えば、保守であるはずのお前の文章はなんだと批判されそうですが、ごもっとも。
私も、眼高?手低なのです。

ところで、文体、人相共に左翼丸出しの男を、間違っても「希代の保守思想家」などと呼ばないで欲しいと思います。

右翼・保守の反米について

右翼であれ、保守であれ、反米を掲げる者は、左翼に吹き寄せられます。
アメリカは左翼国家だと非を鳴らしていた保守の大家が、左傾したのでも分かります。

アメリカに完璧を求めても仕方がありません。
夫が妻に、妻が夫に完璧を求めても仕方がないのと同じです。

お互いに完璧でないのを承知の上で、世の夫と妻は、夫婦の関係を続けています。

アメリカに欠点のあるのを承知した上で、同盟関係を続けるのが、賢者の選択でしょう。

反米右翼にしろ、反米保守にしろ、彼らはアメリカに期待しすぎて、裏切られたがゆえの反米なのでしょうか、それとも元々左翼気質のため反米なのでしょうか。

断言できるのは、反米の右派は、左翼と隣り合わせだということです。

日本に「極右」などいない

1.右翼と極右

現在のアメリカの二大政党は、共和党と民主党です。共和党=右派=保守、民主党=左派=リベラルとされています。

欧米では、右派は二種類に分けられるでしょう。保守・右翼と極右です。
米欧その他の、現代民主主義国においては、自由や民主主義が実施されています。それらが保障されている限り、その枠内で、つまり非暴力的に、言論や出版を通じて、自己の主張を実現しようとするのが保守・右翼です。
それに対して、自由が保障されているにも拘らず、暴力をもってしても自己の主張を成就しようとするのが極右です。

2.日本の極右?

ところで、今日の日本に極右はいるでしょうか。
日本は自由主義国であり、自由が保障されています。それにもかかわらず、少数ではありますが、暴力的に(肉体言語によって)自己の主張を達成しようとする勢力または個人がいます。右翼と呼ばれる人たちです。

図書館や書店に行けば分かりますが、欧米で「極右」に相当する勢力は、日本では「右翼」と呼ばれています。すなわち、欧米の極右=日本の右翼です。
日本の右派は、保守と右翼の二種類です。なのでわが国には、いわゆる極右はいません。

戦後の日本における保守と右翼を代表する人物を各々挙げましょう。
前者に相当するのが福田恒存氏であり、後者に相当するのが野村秋介氏です。
野村氏(1935-1993)は、1963年7月15日に河野一郎邸焼き討ち事件、1977年3月3日経団連襲撃事件を起こし、1993年10月20日朝日新聞東京本社で拳銃自殺をした正真正銘の右翼です。

別の、もっと有名な人物の例を挙げましょう。
いくら過激な発言をするといっても、言論によって自己の主張を行う石原慎太郎氏は保守です。一方、1970年11月25日陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地を訪問し、東部方面総監を人質に、自衛隊員に決起を促す演説を行い、駄目だと判断するや割腹自殺を遂げた三島由紀夫氏は右翼当たります。

3.安倍首相は極右か

たとえば、ネット上に「総選挙・自民党の極右候補者リスト『ウヨミシュラン』発表!日本を戦前に引き戻そうとしているのはこいつらだ!」という記事があります(注)。
2017年10月22日の総選挙前の記事ですが、そこで挙げられているのは、安倍晋三首相や菅義偉、荻生田光一、稲田朋美、古屋圭司、城内実、高市早苗、二階俊博、麻生太郎、杉田水脈氏など何れも自民党の衆議院議員です。
安倍氏等は、「自民党の極右候補者」だとされていますが、では彼らは右翼の野村秋介氏や三島由紀夫氏よりも、もっと政治的に右寄りなのでしょうか?
まさか。

国会議員は自由や民主主義の枠内で戦う人たちです。だから、彼らは極右ではありえません。先に、欧米の極右は日本では右翼に相当すると述べましたが、安倍氏等は右翼ですらなく、ただの保守政治家にすぎません。

4.なぜ保守政治家が「極右」だとされるのか

安倍首相たちは保守です。それなのに、なぜ極右のレッテルを貼られるのでしょうか。
極右のレッテルを貼る者たちが左翼だからです。そして、左派は右翼という言葉が喚起する負のイメージを利用して、保守政治家たちを実体よりも悪く印象付けるため、右翼に極をつけて極右と呼んでいるのです。

欧州でもメディアは左派が牛耳っているため、議会制民主主義の範囲内で戦う保守・右翼の中にも、極右のレッテルを貼られる政党が見受けられます。また、横文字を縦にするだけのジャーナリストが多いし、彼らが欧州で使用されている語を、そのまま日本でも使っている。だから、保守、右翼、極右の区別が混乱するのです。

「ウヨミシュラン」の記事の筆者は暴力肯定論者ではないだろうとは思いますが、言論で戦う保守政治家が極右なら、この筆者だって言論で戦っているのですから、極左だということになります。そんなことさえ考えずに、記事を書き飛ばしている!

それにしても、「日本を戦前に引き戻そうとしているのはこいつらだ!」とは。社会(政治)認識がズレ過ぎていないでしょうか。
自分の政治的立場に都合が良いように、言葉を恣意的に使う人は、知的な暴力主義者だと言ってさしつかえないと思います。

(注)https://lite-ra.com/2017/10/post-3531.html

右派・保守・右翼・極右

1.理念型

右翼(右派)、左翼(左派)という言葉は、フランス革命期の議会において、議長席から見て右側に保守派が、左側に進歩派が席を占めたことに由来します。
ある場所(中央・地方議会なり、国民全体なり)の勢力分布をおおよそ真ん中で分けて、そこを中心に保守的な側を右翼(右派)、進歩的な側を左翼(左派)と呼びます。

飛行機の機体をデフォルメして説明しましょう。
機体全体を勢力分布全体だと考えます。胴体部分を前から後ろにかけて(操縦席側から尾翼側へ)、中央で線を引きます。
胴体右部分と右の翼が右派で、胴体左部分と左の翼が左派です。そして、左右の翼の両端が極右と極左です。極右極左と、それ以外の勢力は、政治目的を実現するための手段として、暴力を用いるかどうかの違いです。
以上は理念型(注)です。

(注)理念型

2.欧米の場合

しかし、現実の政治は理念型通りではありません。
二大政党制の国は理念型に近い。たとえば、現在のアメリカは、共和党が右派政党であり、民主党が左派政党です(ウィキペディアの「右翼」の項目には、次のような記述があります。「ただし、アメリカはマッカーシズムや赤狩りといった反共主義の政策により左翼と見られることを忌避する傾向が強いため、革新派はリベラルと名乗る場合が多い」)。

一方、欧州の多党制の国では、中道と呼ばれる政党があります。胴体右部分に相当するのが中道右派であり、胴体左部分が中道左派で、右の翼が右翼政党、左の翼が左翼政党です。そして、左右両翼の先端部分が極左極右です。

3.日本の場合

日本の場合はどうでしょうか。
書店で「右翼」の棚を見れば分かりますが、右の翼の全体ではなくその先端部分のみを右翼と呼んでいます。欧米で言えば、極右に相当する勢力です。そして、胴体右部分と先端以外の翼の部分は保守です。
一方、胴体左部分(リベラル)と左の翼(社会・共産主義者)が左翼であり、左の翼の先端が極左です。もっとも、胴体左部分=リベラルは左翼ではないという人たちもいます。が、今日左の翼の半分くらいまでリベラル派が侵食しています。

現実の政党では、たとえば自民党及び同党議員が皆胴体右と右の翼の部分に属している訳ではありません。胴体左的思想傾向の議員もいます。他方、野党の側も、胴体左と左の翼派ばかりではなく、胴体右的思想傾向の議員もいます。
わが国の与党も野党も(共産党と社民党以外は)、保守とリベラルの混成部隊です。そしていわゆる保守政党とリベラル政党の違いは、構成員中保守派が多数派か、リベラル派が多数派か、によります。

日米欧で、「右翼」という言葉の意味にズレがあるのでややこしいのですが、日本ではさらに政治勢力に対する呼称が非対称になっています。もし左の翼の先端が極左なら、右の翼の先端は極右とするのが自然です。ところが、日本語の慣用ではそこは右翼なのです。日本語の慣用が左右対称ではないので、右翼と極左とか、保守と左翼とか並べて記述したりします。
また、右翼とは右の翼の先端派のことなので、胴体右部分+右の翼全体は右翼とは言いません。なので、仕方なく私は右派と書いています。すなわち、右派=保守+右翼です。

4.まとめ

第一、日米欧どこの国でも、胴体の中央から右側(胴体右部分+右の翼)は右派であり、
第二、アメリカのような二大政党制の国では、極右以外の右派・右翼は保守であり、
第三、欧州のような多党制の国では、右の翼部分のみが右翼政党で、胴体右部分は中道右派であり、
第四、日本の場合は、右の翼の先端部分のみが右翼で、先端以外の翼と胴体右部分は保守だということになります。

5.ネトウヨ

蛇足ですが、インターネットの普及によって、ネトウヨという言葉が普通に使われるようになりました。ネトウヨはネット右翼を約(つづ)めた言葉です。
ところが、ネトウヨ・ブロガーの記事を読むと、たとえば私は自称ネトウヨのよもぎねこさんのファンですが(「よもぎねこです♪」)、彼女は思想、言論の自由や議会制民主主義を否定していません。ネトウヨは、必ずしも右の翼の先端に位置することを意味していません。
彼らは、正確にはネット右派と呼ぶべきだろうと思います。