BLMは極左である

1.右派か左派か

ブラック・ライブズ・マター(BLM)という社会運動がアメリカで発生し、それが世界へ波及し、日本でもそのデモが行われたということが、マスメディアで報じられました。

ウィキペディアによれば、BLMとは「アフリカ系アメリカ人のコミュニティに端を発した、黒人に対する暴力や構造的な人種差別の撤廃を訴える、国際的な積極的行動主義の運動である」という。

ところで、BLMは、政治的には保守派ということになるのでしょうか、それとも進歩派に色分けされるべきなのでしょうか。
旧い秩序に挑戦しているという意味で、新たな左翼運動であると考えて良いでしょう。

2.左翼か極左か

マスメディアだけではなく、ネットの世界を眺めてみれば、そこでは、BLMは大方左翼だとされていますが、中には極左だと言う人もいます。彼らは、穏健な左翼なのでしょうか、それとも極端な左翼なのでしょうか。

社会・共産主義者が左翼の主流派にして、多数派だった冷戦時代、彼らは資本主義社会を変革して、社会・共産主義社会の実現を目指しました。それを平和的に、つまり民主的手続きに従って=議会で多数を占め、政権を担うことによって実現しようとしたのが穏健な左翼だったのに対し、ソ連や中共の経験から、暴力革命によって権力を掌握し、理想社会を実現しようと考えたのが極左でした。
すなわち、暴力否定なのが左翼であり、暴力肯定なのが極左です。

では、BLMは穏健な左翼なのでしょうか、それとも極左なのでしょうか。もし彼らの運動が暴力的な行動を伴っていないのであれば、穏健な左翼ですが、伴っているのなら極左です。

ネットを見れば明らかですが、彼らは暴動や破壊や略奪を行っています。勿論、すべての集会がそうであるわけではないでしょう。だから、「平和的なデモが大多数」だとして、BLMを擁護する向きもあります。しかし、共産主義的な極左だって非公然活動を行うのは、組織の一部の者たちで、その他は平和的な活動を行っています。それは右翼だって同じです。行動右翼だって、テロに走るものは極く少数です。通常の活動は平和的です。

問題なのは、少数であろうと、暴力的行動をおこなったかどうかです。そして、それを指導部なり仲間なりが制止したか、過剰な行動をした者を処罰したかどうかです。もし集会で、党員が暴動や略奪を行えば、日本共産党だって除名処分にするでしょう。
BLMは、わが国の新左翼、革マル派や中核派と同じような、というよりも、それ以上に荒っぽい極左だと断じるべきでしょう。

3.極左の応援団

暴力を否定しない運動にも拘らず、日本でもそれに共鳴する人たちがいます。
2020年10月20日付朝日新聞によれば、わが国の学校でも、

「黒人差別に抗議する『ブラック・ライブズ・マター(BLM)』運動を授業で扱う学校が出てきている。『肌の色による人種差別は米国だけの問題ではない』との問題意識からだ」
「米ケンタッキー州出身の黒人の英語教師エマニュエル・ターさん(30)が、(中略)『BLMは米国だけの問題ではない。異なる人種や性的少数者らへの差別、いじめ問題が日本にもあることを考えてほしい』と話す」

「異なる人種や性的少数者らへの差別、いじめ問題」を改善するためなら、暴力を用いることも肯定すべきなのでしょうか。

2020年8月11日付朝日新聞の「天声人語」を一部引用します。

「なお燃えさかる米国の抗議運動『ブラック・ライブズ・マター』。怒りの波がいつまでも引かないのはなぜですか。会ってそう尋ねてみたい人がいた。昨年8月に亡くなった米作家トニ・モリスンである。▼『彼女ならきっと全幅の賛意を示し、抗議に立ち上がった人たちを勇気づけたはずです』。そう語るのは、東京外大名誉教授の荒このみさん(74)。黒人文学に詳しく本人とも面識がある。『ただその手段はあくまで文章。街頭で演説するようなふるまいは好まない人でした』」

「ただその手段はあくまで文章。街頭で演説するようなふるまいは好まない人」が、たとえ「黒人に対する暴力や構造的人種差別の撤廃を訴える」ためだとはいえ、暴力を肯定したでしょうか。「彼女ならきっと全幅の賛意を示し」たと考えるのは、牽強付会ではないでしょうか。
私は、天国のモリスン氏はBLMの暴力的行動を見て、涙していると思わざるをえません。

BLMに賛同する人たちは、極左を支持しているのだとの自覚があるのでしょうか。

4.自己の内心を見ない人たち

9月30日付朝日新聞に、「根深い黒人差別 自身の中にも」という記事が掲載されました。そこでは、吉田ルイ子さん(86)の著書『ハーレムの暑い日々』(講談社文庫)が取り上げられています。

「民放アナウンサーなどを経て61年に渡米、コロンビア大学大学院に学んだ吉田は、活動家の白人学生と結婚し、(中略)正義感の強い優しい夫が、ハーレムの暴動で車を壊され、『ニガー』と口走ったときの苦しさ。日本政府を非難して『イエローモンキー』と言ったときの寂しさ。理念と本音が分離した『リベラル白人の始末の悪さ』が許せず、夫婦は破局を迎える」

夫婦が「破局を迎える」原因は様々でしょうし、それが「理念と本音が分離した『リベラル白人の始末の悪さ』」だけだとは思えませんが、それはともかく、「理念と本音が分離」するのは「リベラル白人」のみならず、黒人だって同じでしょう。黒人だって、白人は自分たちを蔑んでいると言いつつ、彼らの中では、知的で、教養があり、年収も高い人たちは、そうでない人、あるいは犯罪に手を染めるような人たちを蔑んでいるだろうと思います。

テニス選手の大坂なおみさんは、「『人種差別主義者ではない』だけでは十分ではないのです。私たちは『反人種差別主義者』でなくてはならないのです」と発言したそうです。

大阪さんはまだ23歳で、思慮が浅いのは無理もありませんが、それだけでは不十分なのです。私たちは、何人も人種差別から自由ではない(米国黒人には黄色人種に対する差別意識はありませんか?)ことを認識する必要があります。

反人種差別主義者は、自分の内なる差別意識を棚に上げて、他者を批判します。しかし、他者を批判するよりも、まず自分の差別意識を問題にすべきなのです。自分の差別意識さえ直視できない者に、差別なき社会を造ることでなどできる訳がありません。

5.BLMの真価

BLMによる暴動は、米大統領選挙の前に燃え上がりました。
それに関しては、トランプ氏を差別主義者に見せかけ、彼を落選させる思惑があったことが指摘されています。それは、陰謀論でしょうか。
BLMの運動が、もし大統領選挙とは無関係なら、そして、「リベラル白人の始末の悪さ」は、民主党政権になっても変わらないでしょうから、今後も活動は収束しないはずです。もし収束したのなら?

彼らの活動を注視したいと思います。

差別と左翼

また、「差別意識はなくならない」から引用します。

「差別という観点から考えると、左派にとって人間は二種類に分けられます。差別する人としない人です。
差別する人としない人の二種類の人間がいると考える左派は、右派や大衆=差別をする人、自分たち=差別をしない人だと考えます。そして、前者が意識を変えれば、社会から差別がなくなると信じています。(中略)
左派の人たちは、自分は差別などしないし、差別意識もないと思い込んでいます」

左翼は、「自分は差別などしないし、差別意識もないと思い込んでいます」。だから、社会で差別が問題になった時の、それを批判する時の物言いが物凄くエラソーなのです。以前存在した「レイシストをしばき隊」などその典型でしょう。差別やヘイト(スピーチ)を糾弾する時の、彼らの表情を見てください。自分だけが正義を体現していると思っている!
最近のブラックライブズマターに関する一部の人たちの(たとえば、西崎文子同志社大学教授や荒このみ東京外大名誉教授の)発言を見ていると、やはり同様の印象を受けます。彼らはBLMの暴力的行動を見て見ぬふりをしているか、その暴力的行動をも造反有理として許容しているように見えます。

差別などしないし、差別意識もない人はいるでしょうか。
そんな人間などはいません。
だから、次のように書きました。

「差別という観点から考えると、右派の私も、人間は二種類に分けられると思います。自分に差別意識があるのを自覚している人と、その自覚のない人です」

左翼は、差別をしない人、ではなく、差別意識があるのを自覚しない人です。要するに、自分のやっている差別に鈍感なだけです。彼らだって、差別意識はありますし、時に差別を行います。だから、彼らを観察していると、いつかしっぽを出します。

左翼は、自分の行う差別には鈍感ですが、他人の行う差別には敏感なので、そのうち仲間の中に差別主義者を発見します。そして、お互いに非難合戦を始めます。もっぱら、急進左派が、穏健左派の言動を槍玉に挙げるようになります。
共産主義的左翼が、お互いの中に反革命的言動を見つけては、相手を告発、そして粛清をしたのと同じです。

左翼の追及の激しさとその風潮に圧されて、一般社会では、人々は他人の罪の告発と自らの潔白証明で、精神を消耗して行くでしょう。
そして、左翼のそのような差別摘発運動によって、息が詰まる社会が生まれます。

左翼は根本的に考え違いをしているのです。
皆誰にでも差別意識はありますし、それは左翼だって例外ではありません。彼らはそれを認めるべきなのです。そうすれば、他人の行為のうちに差別を発見した時も、自分のこととして考え、あるいは相手に対してもう少しやんわりと窘めるような言い方をするようになるでしょう。

福田恒存氏は書いています。

「近頃は、正義の主張者がことごとく原告を氣取るので困る。やはり自分の奉じてゐる眞理だけは迷信ではないと考へてゐるからだ。それなら、もつとよく考へる訓練をすれば、正義の主張もうしろめたいことだと感じるやうになり、被告席からそれをするやうになるだらう」(注)

皆無実ではないのだから、差別を批判する、あるいはその改善を求める主張は、福田氏が言うように、原告席からではなく、被告席からなすべきです。

そうすれば、他人を吊し上げる必要のない、息の詰まらない社会が実現できるはずです。

(注)福田恒存著、『福田恒存全集 第五巻』、文藝春秋、444頁 

セクハラと差別意識

差別意識はなくならない」に書きました。

「差別という観点から考えると、左派にとって人間は二種類に分けられます。差別する人としない人です。
差別する人としない人の二種類の人間がいると考える左派は、右派や大衆=差別をする人、自分たち=差別をしない人だと考えます。そして、前者が意識を変えれば、社会から差別がなくなると信じています。(中略)
左派の人たちは、自分は差別などしないし、差別意識もないと思い込んでいます」

その典型が、同志社大学教授西崎文子氏でしょう。
彼女は2020年7月18日付朝日新聞「ひもとく」欄に書きました。

「そして今日。白人警官によるジョージ・フロイド氏殺害をきっかけに再燃した『黒人の命は大切だ(ブラックライブズマター)』という叫びを前に、対立する人々は『すべての命は大切だ』(太字、原文は傍点)と嘯く。しかし、これが差別の実態を隠蔽する偽りの言葉であることは一目瞭然だ。(中略)そう、『黒人の命は大切だ』は、黒人だけでなく、身体と人間性を収奪された難民や移民を含むすべての人々のために響き渡っているのである」

「響き渡っているのである」!
少女漫画の読み過ぎではないでしょうか(笑)。
それはともかく、どうして「すべての命は大切だ」が、「差別の実態を隠蔽する偽りの言葉であることは一目瞭然」なのでしょうか。ブラックライブズマター派が、暴力的な行動をとっているのを見れば、そう言いたくなるのは当然でしょう。
それにしても、「自分は差別などしないし、差別意識もないと思い込んでい」るから、こんな大口が叩けるのです。

「差別意識はなくならない」に、次のようにも書きました。

「セクハラ行為は、右派ばかりではなく左派だっておかします。だから、人類が左派ばかりになったとしても、セクハラがなくならないのと同様、人類が左派ばかりになっても、差別はなくなりません」

「差別意識はー」を書く少し前に、人権派?ジャーナリスト広河隆一氏のセクハラ問題が報じられていました。しかし、それについては、言及しませんでした。
ところが先月、韓国の朴元淳ソウル市長のセクハラ自殺問題が発生しましたし、今年4月には呉巨敦釜山市長のセクハラ辞任問題もありました。
自称フェミニストの左派ばかりになったとしても、セクハラはなくなりはしないでしょう。

左派によるセクハラ事件を見て、世が自分には差別意識はないと「嘯く」左派ばかりになったとしても、差別意識はなくならないし、ひいては差別もなくならないこと確信しました(笑)。

【追記】
2011年10月18日に東京で、日本原水爆被爆者団体協議会(日本被団協)の結成55周年の「つどいと祝賀会」が開かれたそうです。その記念講演で、西崎文子成蹊大学教授(当時)は次のように述べたとのことです。

「私には、研究者・教育者として裏切ってはいけないと意識してきた3つのグループがあります。第1は研究者仲間。第2は親や家族。そして第3が最も重要な被爆者の皆さん。核兵器や原爆の問題だけでなく、政治や歴史について発言するときに必ず考えるのが、被団協を通じて知り合った被爆者や協力者のこと。私がどこかへ流れるのを係留する錨の役割を果たしてくださっている。その意味で被団協が私の『原点』だと断言できます」(注)

「裏切ってはいけないと意識してきた」「グループ」のリストに、あるいは「政治や歴史について発言するときに必ず考える」対象に、自国日本を入れるのが愛国派であり、入れないのが反日派です。

これまでのいくつかの記事に書きましたが、反日派とは、親や家族、そして自分の会社や組織は「裏切ってはいけない」と考えるくせに、こと自分の国=日本に関してはそう考えない人たちなのです。

(注)https://www.ne.jp/asahi/hidankyo/nihon/about/about5-201111.html

【参考記事です】
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8058fdeae0bd60566f6ddf8d0203b08fa9425dc



全体として愛することのほうが容易である

今年1月19日付朝日新聞の「日曜に想(おも)う」という記事の中で、編集委員の福島申二氏は書いています。

「港湾労働をしながら思索を深めた米国の哲人エリック・ホッファーが言っている。『人類を全体として愛することのほうが、隣人を愛するよりも容易である』
『人類』という抽象に対して、一人ひとりの人間は具体的な現実である。人類は美しいが人間は往々にして厄介だ」

その通りでしょう。

このホッファーの文句を言い換えるなら、人類を全体として愛することよりも、隣人を愛するほうが困難である、となるでしょう。

今では田舎でも外国人を見かけるようになりましたが、それでも私たちの隣人は、外国人よりも日本人の方が圧倒的に多い。
だから、日本人(国民)を全体として愛することよりも、個々の隣の日本人を愛するほうが困難である、と解釈すれば、ホッファーの言の正しさが分かります。

この原理を、さらに敷衍するとどうなるでしょうか。次のようになります。
移民を全体として愛することよりも、隣の移民を愛することのほうが困難である。
また、〇〇人(△△教徒)を全体として愛することよりも、隣の〇〇人(△△教徒)を愛するほうが困難である、という具合になります。

以上の感情は、人間にとって不都合ではありますが、また真実でもあります。
普通の、常識のある人たちはそれを理解しますが、一部に、それを認めない人たちがいます。リベラル派です。彼らは、〇〇人一般と同じように、隣の〇〇人をも愛せると信じています。
彼らの規範は、〇〇人を全体として愛することと同じように、隣の〇〇人を愛することはできるし、愛さなければならない、というものです。

彼らは、彼らでその規範を拡大します。次のように。
〇〇人を全体として愛することと同じように、隣の〇〇人を愛することはできるはずである。だから、同じように愛さない者たち、あるいは愛せないと言う者たちの言論は封殺して良いし、そのような主張を行う者は、吊し上げてでも考えを改めさせなければならない。

左翼=リベラルの批判の強さに圧されて、人間性の不都合な真実を認める人たちも口を噤んで行きます。そのうち、〇〇人を全体として愛することのほうが、隣の〇〇人を愛するよりも容易である、という発言さえできなくなるかもしれません。

将来、左翼の理想とする社会はでき上がるでしょうか。できるわけありません。人間の不都合な真実=人間性は変わらないからです。
〇〇人を全体として愛することと同じように、隣の〇〇人を愛することはできるし、愛さなければならない、という彼らのイデオロギーが間違っているのです。

【追記】
2020年7月18日付の朝日新聞「ひもとく」欄に、同志社大学教授西崎文子氏は書いています。

「そして今日。白人警官によるジョージ・フロイド氏殺害をきっかけに再燃した『黒人の命は大切だ(ブラックライブズマター)』という叫びを前に、対立する人々は『すべての命は大切だ』(太字、原文は傍点)と嘯く。しかし、これが差別の実態を隠蔽する偽りの言葉であることは一目瞭然だ。(中略)そう、『黒人の命は大切だ』は、黒人だけでなく、身体と人間性を収奪された難民や移民を含むすべての人々のために響き渡っているのである。」

この人は、自分にも差別意識があることを理解しない(内心を見ない)人なのでしょう。
だから、こんな大言壮語ができるのです。

生き物に対する差別

人間は生き物に対して、実に差別的です。

その外観や仕草のゆえに好まれるものもあれば、嫌われるものもあります。
前者の例が、リス、ウサギ、ホタルなどで、後者の例は、ヘビ、クモ、カラスなどです。

個体によって好かれたり嫌われたりではなく、種の全てが好かれたり嫌われたりです。
人間に好かれないカラスは、心の中で叫んでいるかもしれません。
Black creatures’ lives matter.

ある種の生き物を嫌うのは、悪いことでしょうか。
私たちは、嫌いな生き物に対する差別意識を変えたり、なくしたりできるのでしょうか。

【関連記事です】
差別意識はなくならない

道徳の不遡及の原則のすすめ

1.法の不遡及の原則とは

法の不遡及の原則というのがあります。
ウィキペディアから引用しましょう。

「法令は施行と同時にその効力を発揮するが、原則として将来に向かって適用され法令施行後の出来事に限り効力が及ぶのであり、過去の出来事には適用されない。これを法令不遡及の原則という」(1)

もっと分りやすい説明を引きます。

「新たに制定された法律(事後法)は、その制定以前にさかのぼって適用してはならない、という原則。法律不遡及(そきゅう)の原則ともいう」(2)

日本国憲法にも、当然その規定があります。

「第三九条 【刑罰法規の不遡及、二重刑罰の禁止】
何人も、実行の時に適法であった行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任は問われない、又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問われない」

この原則は、文明国であればあるほど厳格に実施され、非文明国であればあるほど、法的な規定がないか、あっても反故にされていることでしょう。

2.道徳の不遡及の原則とは

文明国では、法の不遡及の原則は確立されています。逆に言うなら、それが確立されていない国は文明国ではありません。
そして、文明国では、それに加えて、道徳(倫理)の不遡及の原則というものも確立される必要があるでしょう。

道徳の不遡及の原則とは、次のようなものです。
何人も、実行の時に倫理に反すると見做されなかった行為については、道義的な責任は問われない、言い換えるなら、社会通念上、その時代に非道徳的だとされていなかった行為または制度を、後の時代に生まれた価値観に基づいて道義的に非難してはならない、という原則です。
現在の価値観によって、過去を裁いてはなりません。

たとえば、それが不当だとは考えられていなかった時代の戦争や、大国の小国に対する侵略や吸収合併。それが当たり前だと考えられていた時代の奴隷制、大航海時代以来の西洋諸国による中南米、アフリカ、アジアに対する植民地支配。

たとえ今日から見て、過去に行われていたことが如何に非道徳的あるいは理不尽に思われるにしても、過去の問題はその時代の道徳観によってのみ評価すべきです。現代の私たちが、現在の倫理観に基づいて、過去を断罪してはなりません。

奴隷制が当然だった時代、ある偉大な思想家がそれを道徳的に非難する発言を行っていたとしても、それは彼に先見の明があったことを意味するだけで、世間の大勢は蒙昧主義の中にあった訳ですから、偉人の視点でもって、現在の私たちが過去の行為や制度を非難することはできません。

3.なぜ道徳の不遡及の原則が必要なのか

では、なぜ道徳の不遡及の原則が確立される必要があるのでしょうか。
この原則を無視することによって、国内的および国際的な紛争が、最悪の場合には流血の事態の発生が予想されるからです。

(1)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E3%81%AE%E4%B8%8D%E9%81%A1%E5%8F%8A
(2)https://kotobank.jp/word/%E4%BA%8B%E5%BE%8C%E6%B3%95%E3%81%AE%E7%A6%81%E6%AD%A2-73110

差別意識はなくならない

差別という観点から考えると、左派にとって人間は二種類に分けられます。差別する人としない人です。

差別する人としない人の二種類の人間がいると考える左派は、右派や大衆=差別をする人、自分たち=差別をしない人だと考えます。そして、前者が意識を変えれば、社会から差別がなくなると信じています。
あるいは、たとえば彼らは移民を受け入れることによって、差別思考から抜け出せないでいる、遅れた右派や大衆の意識改造をはかり、それによってより進んだ社会が実現できると信じているようです。だから、左派は移民の受け入れに積極的です。

左派の人たちは、自分は差別などしないし、差別意識もないと思い込んでいます。
一昨年の、『新潮45』8月号に掲載された論文「『LGBT』支援の度が過ぎる」に対する、杉田水脈議員へのバッシングを見ると、左派は「自分は差別などしないし、差別意識もないと思い込んでい」るがゆえに、盛大な批判ができるのだということがありありと分かります。
実に単細胞です。

差別という観点から考えると、右派の私も、人間は二種類に分けられると思います。自分に差別意識があるのを自覚している人と、その自覚のない人です。

差別意識のない人間などいません。
結婚するといって、息子または娘が連れてきたのがA人で落胆した。B人だったら良かったのに(A、Bには任意の人種、民族、国籍を入れてください)。
それは、差別意識があることの証明であり、内心を見れば自分にもそのような感情があるのは否定できないはずなのに、左派は自らにそのような意識があることを認めようとしません。
見た目では分からない在日や同和差別があるくらいだから、見た目で直ぐにわかる人種や民族の人たちに対する差別はそれ以上に起こりうるだろうと考えるのが自然だと思うのですが。

左派は、自分は差別をしない人間、差別意識のない人間だと信じていますが、彼らは差別をしないのではなく、自分のやっている差別に気がついていないだけです。あるいは、差別について鈍感だから、「自分は差別をしない人間、差別意識のない人間だと信じ」られるのです。
要するに、彼らは差別意識があるのを自覚していない人たちです。

自分は差別をしないし、差別意識もないと信じている当人も家族も、それらから逃れられません。
セクハラ行為は、右派ばかりではなく左派だっておかします。だから、人類が左派ばかりになったとしても、セクハラがなくならないのと同様、人類が左派ばかりになっても、差別はなくなりません。
左派は自らの内心を見ません。自らに差別意識があるのを認めるのが怖くて、それを直視できないのです。

差別意識があることを自覚している人は、それがなくせるとは思っていませんから、移民の受け入れに慎重になりますが、差別意識もあるし、差別もしている、しかし、その自覚がない鈍感な人たちが、移民の受け入れを推進するから、社会の差別が拡大するのです。
欧州の現実がそれを証明しています。