『国民の歴史』の韓国観

1.韓国という国

1996年に発足した「新しい歴史教科書をつくる会」の初代会長西尾幹二氏は、1999年大部の『国民の歴史』(産經新聞社)を上梓しました。
西尾氏は書いています。

・「日韓問題を考えると、愉快になったことは一度もない」(705頁)

・「中国皇帝を中心に円周上に広がっている華夷秩序の内部に近いところがより文明的であり、外縁にいくにつれて野蛮だというひと昔もふた昔も前の序列意識が、他の国に例のないほど韓国には固定化している」(709頁)

・戦前、「中国と韓国は無力であったにもかかわらず、日本に理由なき優越感を示し、扱いにくい、面倒で、手に負えない存在であったことである。両国はともに古色蒼然たる東夷思想・中華思想に閉ざされていたために、『小癪な東夷・日本』という侮日感情を最初から抱いていた。彼らとの今日に及ぶ感情的もつれの原点である」(509頁)

・戦後の日本では、「もともと優越感を抱いていたのは日本人のほうだとされていないか」(510頁)

・「韓国人にいくら言っても伝わらないもどかしさ」(706頁)

・「私たちは類例のない悲劇の国に、うかつにも手をつっこんでしまったのである」(713頁)

・「昔も今も、私たち日本人はあまりにも変わっていないな、ずっと同じ勘違いをしつづけているんじゃないか、という思いである」(同前)。「善意をもって隣人のように接すればよいという、なにか自分の側に最初に思い込みと錯覚があって、それの延長線上に相手を考え、相手に異なる意識があるということに気がつかないある種の独善によって動いていた」(717頁)

『国民の歴史』は二十年前に出版されましたが、今日の日韓の軋轢の原因を的確に表現していると思います。

2.韓国併合について

西尾氏は、韓国併合についても記しています。

・「私は、悪いことをしたと日本人がまず考えるべきではないし、朝鮮の人と対話をするときにも、頭から当時の国際情勢を理解することを求め、国際社会の条理にかかわる歴史理解に道徳は介入できないことを説得すべきであろう。悪いことをした、しかし部分的に日本はいいこともしたというような姑息な言い方をやめよう。われわれはなにも悪いことはしていない」(720頁)

・「世界史の必然に対しわれわれは何も謝罪する必要はない」(721頁)

・「われわれは歴史の必然として起こった遠い過去の出来事に対して、罪の意識を抱く必要はまったくない。謝罪の必要もない」(722頁)

西尾氏は、次のようにも書いています。

・「不幸にして起こった一部の悪を、ありえない誇大なものに言い立てる韓国人の癖はよく知っているが、日本人は自分の名誉と政治的利害のために、起こってもいないことをも起こったこととする大きな嘘とはきちんと闘わなければならない」(723頁)

3.極東の国と極西の国

1980年代から90年代初めにかけて、経済的に世界を席捲している頃でしょうか、日本は極東ではなく極西の国であるというようなことが言われましたが、事実を事実として認め、国際条約を守るのが西方の国の特徴であるとし、事実を事実として認めない、もしくは自分にとって都合の良い事柄のみが事実だと考える、そして国際条約を守らないのが東方の国の特徴だとするなら、日韓は地理的には隣同士ながら、韓国は極東の国、日本は極西の国だと言えるでしょう。
極東と極西の境界線は、対馬海峡を通っています。

済州島での国際観艦式における参加艦艇への軍艦旗の掲揚自粛要請(実質的に、海自艦に対する旭日旗掲揚拒否)、日韓請求権協定に反する、韓国大法院によるいわゆる徴用工問題の不当判決、「和解・癒やし財団」の解散による、日韓慰安婦合意の一方的破棄、韓国海軍の駆逐艦による、海上自衛隊の哨戒機P-1に対する射撃用管制レーダーを照射した事件、キャッチオール規制の厳格化(優遇措置対象からの韓国の除外)に反発しての、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定等を見て、私もそうですが、さすがに普通の日本人は韓国の異様さ、と言って悪ければ、同国の異質さを認識するようになりました。それ自体は大変喜ばしいことです。

ただわが国の左翼だけは、いまだに「善意をもって隣人のように接すればよいという、なにか自分の側に最初に思い込みと錯覚があって、それの延長線上に相手を考え、相手に異なる意識があるということに気がつかないある種の独善」の中に棲んでいるようです。

【追記】
11月23日午前零時に失効するはずだったGSOMIAが、韓国の翻意によって、22日一転、継続することになりました。アメリカの圧力のためであるらしい。
読まれないブログを書くのが私の特技ですが、大国に翻弄され、右往左往するのが韓国の特技のようです。

E・ルトワック氏の「韓国が反日の理由」

1.韓国・オランダ・スウェーデン

月刊『Hanada』12月号に、米戦略国際問題研究所上級顧問エドワード・ルトワック氏の「韓国よ、歴史の真実を学べ」という記事が掲載されています。
そこで、ルトワック氏は述べています。

「若いオランダ人たちは、自分の父親たちが臆病者であったからこそ、戦後に反ドイツ的な感情を持ち続けたのである」(37頁)
戦時中、「オランダは、まるでドイツの使用人のように振る舞っていた。だからこそ戦後、ドイツ人を長期にわたって憎しみ続けることになった」(38頁)

「戦後、たとえば一九五三年頃になると、ヨーロッパの多くの国ではドイツをすでに許していたが、スウェーデンはオランダと同じように、超がつくほどの反ドイツ感情を保持していた。
戦時中、彼らはオランダ人と同じように臆病者で、ナチスに協力していた」(40頁)
「戦時中にドイツに協力的だった国こそ、本当に反ドイツ的な態度をとるようになる」(40頁)

「一九四五年までの朝鮮半島で、実は抵抗運動(レジスタンス)と呼べるようなものはほとんど発生していない。朝鮮人たちは概して服従的だったのだ。
むしろ多くの人々は、服従以上の態度で自発的に日本に協力し、日本軍に積極的に志願したのである」(37頁)
故に、「韓国人はいまだに、自分たちの父親や祖父たちが臆病者で卑屈だったという心理的トラウマに悩まされている」(38頁)

一方、戦後「ユーゴの人々はドイツからの旅行者を大歓迎していた。
その理由は、ドイツ人がユーゴ人を殺し、ユーゴ側もドイツ人を大勢殺したからだ。彼らは決して臆病者ではなく、立ち上がり、戦ったのである。誰も自分たちの父を恥じることもなく、誇りを持てた。だからこそ戦後、ドイツ人に対して友好的になれたのである」(37頁)

ルトワック氏の主張を敷衍するなら、戦時中アメリカ人は日本人を殺し、日本側もアメリカ人を大勢殺したから、戦後日本人はアメリカに対して友好的になれたということでしょう。
米軍と良く戦った愛国的日本人が戦後親米になり(戦勝国史観には批判的でしたが)、反戦や社会主義思想のゆえに投獄され、そこで温温と過ごした「臆病者」が戦後反米反日的な左翼になったのでしょう。なるほど、平仄が合います。

ついでに述べるなら、戦後の保守派は親米になりましたが、「反米保守」などという人たちは、冷戦中左翼やノンポリだったりして、(意識の上であれ)左翼とちゃんと戦わなかったから、その後ろめたさのゆえに、左翼とたたかった親米保守派に烈しい対抗意識を持つのでしょう。
冷戦時代に左翼でもノンポリであった訳もなく、左翼と言論でたたかった人で、冷戦後親米保守を批判した人を、私は一人も知りません。
結局のところ、反米保守派はニッポン・ネオコン(転向保守)なのです。彼らは、社会・共産主義者、リベラルとは別の、左翼の一分派なのです。

2.北朝鮮と韓国

ルトワック氏は、現在の北朝鮮と韓国についても語っています。

「われわれが認めなければならないのは、北朝鮮の核兵器は、中国からの自立と存続を保証しているということだ。(中略)北朝鮮の核が中国からの自立と存続を保証している以上、北朝鮮がこれを手放す可能性は非常に低い」(34頁)

戦前の日本が日清、日露戦争をたたかわざるをえなかったのは、そして韓国を併合せざるをえなかったのは、安全保障の点から朝鮮半島を支那やロシアに渡すわけにはいかなかったからでしょう。

ところで、現在北朝鮮はどこの国の脅威のゆえに核兵器の開発と保有を進めているのでしょうか。
ルトワック氏が言うように、第一は支那でしょう。以下は私見ですが、第二は同じく陸続きのロシア、第三がアメリカで、第四、五が韓日ではないでしょうか。北朝鮮は核兵器を保有することによって、わが国の防波堤になってくれている面もあるのです。

一方、「韓国はもはや米国や日本と過去に結んでいた関係に戻らないことが明白になった。彼らに中国に抵抗する意思はなく、一方的に従属しつつある」(41頁)

北朝鮮の金正恩委員長は梯子をかけて、トランプ大統領の耳元で囁いたのかもしれません。「わが国の核は貴国に向けたものではなく、支那に向けたものである」とかなんとか。

「中国に抵抗する意思」がある北朝鮮と、ない韓国と。
トランプ氏が文在寅大統領よりも、金正恩氏をより信頼しているように見えるのは、そのせいもあるように思います。

なぜ共産主義者は東側へ亡命しなかったのか

<以下はよもぎねさんのブログ記事「ベルリンの壁崩壊30周年記念に寄せて」への私のコメントです>

なぜ西(南)側の共産主義者たちは、東(北)側へ亡命しなかったのでしょうか。

1.ロシアも中国も人民自らが社会主義革命を成し遂げた。
2.我々も自らの手で、人民を解放しなければならない。
3.東からの亡命者は資本主義の文化・生活に憧れた反革命(裏切り者)である。
4.それでも、資本主義社会よりも、現存の社会主義社会の方が増しである。
5.西側で革命が起きれば、反革命分子は逃げ場を失う。
6.マルクス主義によれば、社会主義革命は先進国で起きるはずだった。しかし、実際は後進国で発生した。そのため、社会主義建設も難産だった(失敗も多かった)。
7.我々が行う革命は、ロシアや中国よりももっとより良き社会を作り上げることができるに違いない。

西側の共産主義者にとって、資本主義社会はそれほど居心地が悪くなかったのでしょう。そして、自分たちが天下を取ったら、さらにそれ以上の良き社会が実現できると信じていた、のではないかと。

公的な芸術祭で表現の自由はどこまで認められるべきか

1.トリカエナハーレ展の意義

10月27日、名古屋市で「芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」が開催されました。
そこで展示されたのはライダイハン像や、「ルンルン楽しい日韓断交」「犯罪者はいつも韓国人」と書かれたかるたなどだそうです。

これは言うまでもなく、「平和の少女像」という名の朝鮮人慰安婦美化像や昭和天皇の肖像を燃やす展示があったあいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」に対抗して開かれたものです。
トリエンナーレの方が左派偏向の展示(左派が喜ぶ内容)だったとすれば、トリカエナハーレの方は右派偏向の展示(右派が喜ぶ内容)だったと言えるでしょう。
右派偏好の内容であったとはいえ、左派に「表現の不自由展・その後」の政治的偏りを気づかせ、あるいは政治的無関心層に、左派の二重基準を認識させることになった点は評価したいと思います。
トリカエナハーレ展の展示内容を聞いて、左派は一時的に豆鉄砲を食らったハトのような表情になったに違いありません。

2.頑迷な左翼

大村愛知県知事は、トリカエナハーレ展の「展示内容がヘイトスピーチ(差別煽動表現)に『明確に当たる』と指摘した。施設側(県施設「ウィルあいち」)が当日に催しを中止させなかった対応を『不適切だった』と述べた」(10月30日付朝日新聞)とのことです。

しかし、ネットを見ると、トリエンナーレに表現の自由が認められるのなら、トリカエナハーレにそれが認められないのはおかしいとの意見が多数でした。前者は可で、後者は不可というのは明らかにダブル・スタンダードです。

大村知事は、トリカエナハーレの展示はヘイトに「明確に当たる」と述べていますが、ヘイトスピーチの、現行の定義はともかく、公序良俗(「国家社会の秩序と善良の風俗と」『広辞苑』第二版)に反するという点で、トリエンナーレもトリカエナハーレも同類です。だから、<トリエンナーレは可、トリカエナハーレは不可>に対して、異議ありの声が挙がるのです。

大村知事をも含めて左派(注)は、<ある作品が表現の自由に反するかどうかは私たちが決める。そして、私たちの判断は絶対に正しい。私たちがアウトだと見なす作品には表現の自由は認めない>と言っているのと同じです。
表現の自由に関するセーフとアウトの線引きが恣意的かつ自己都合的過ぎるのです。
要するに、彼らは自由主義者ではなく、全体主義者なのです。

(注)
大村知事が以前自民党の代議士だったこともあって、氏は左派ではないという人もあるかもしれません。が、自民党は保守とリベラルの混成政党です。そして、自民党のリベラル政治家が、歴史教科書問題では近隣諸国条項を許し、あるいは慰安婦問題では河野談話を発したのです。
自民党の代議士であったことは、保守派であることの証明にはなりません。

3.両者とも可か、両者とも不可か

ネットではトリエンナーレが可なら、トリカエナハーレも可であって当然だとの意見が多数表明されましたが、では、公的な、税金が投入された芸術祭や美術館(以下、芸術祭等)において、今後両者とも平等に展示が認められるべきでしょうか。

トリエンナーレの展示も、トリカエナハーレの展示も、何れも芸術に名を借りた政治です。それらは、政治イデオロギーの表出以外の何物でもありません。
自民党主催による政治的作品展が、あるいは共産党主導による作品展が、公的な芸術祭等で行われるのが許可されてはならないのと同様に、トリエンナーレの表現の不自由展も、トリカエナハーレの表現の自由展も、認められてはなりません。
余りにも政治的に偏った「作品」は、公的な芸術祭等から排除すべきです。

もっとも、政治的作品といっても、かつての社会主義リアリズムやファシズム・軍国主義リアリズム(?)に基づいた作品を、愚行の歴史的作品(中には良品もあったでしょうが)として展示するのは、あり、でしょう。
数十年後、「表現の不自由展・その後」が、私たちの時代の愚行として、芸術監督の顔写真付で展示されるのは、それはそれとして意味があることかもしれません。

【おすすめ記事です】
あいちトリカエナハーレとヘイトスピーチと表現の自由

小田和正氏の「良い曲とは」

朝日新聞は本紙とは別に、毎週土曜日には12頁余りの「be」という二部紙が挟まれています。その頭に「フロント・ランナー」というコーナーがあって、毎回時代の先端を走っているとされる人が紹介されています。

10月19日に登場したのは、「アーチスト」の小田和正氏でした。小田氏は、言うまでもなく、音楽バンド「オフコース」(1989年に解散したそうです)のメンバーです。

そこで、記者の「『良い曲』とは?」という質問に、小田氏は答えています。
「『シンプルで飽きない』っていう一言かもしれない。永遠の答えのない問いではないでしょうか」

私が音楽を聴くのは、休日にオンボロ車でドライブに出かける時か、夜ビールを飲み終わる頃です。
ついこの間までは、中学高校の同級生シュウちゃんがくれたオフコースの二枚組CD”All Time Best”ばかりを聴いていました。DISC1の中では「秋の気配」が、DISC2では「君住む街へ」が一番好きです。
オフコースの曲は、不思議に飽きません。なので、ずいぶん長持ちしました。

逆に、名曲だけれども直ぐに飽きてしまうという曲もあります。
ファンに叱られそうですが、いくつか挙げるなら、モーツァルトの交響曲第四十番ト短調の第一楽章やアイネ・クライネ・ナハトムジーク、ポール・マッカトニーの「イエスタデイ」、サザンオールスターズの「いとしのエリー」とかです。

ベートーベンのピアノ協奏曲第五番変ホ長調「皇帝」の第一楽章は誰もが一度は聴いたことがあるでしょうが、やはり退屈名曲で、むしろ第二楽章の方がいい。
飽きやすい曲と飽きにくい曲の違いはどこにあるのでしょうか。

作家の曽野綾子さんはどこかで書いていました。モーツァルトは退屈だという意味のことを。それは正直な言です。私もそう思います。
とは言っても、やはりモーツァルトは偉大な作曲家で、私は彼のピアノ協奏曲第二十一番ハ長調の第二楽章が、彼の曲では一番好きです。

「シンプルで飽きない」というのが、名作の最も重要な条件の一つであるのは、音楽のみならず、文章の分野に関してもあてはまることだろうと思います。

【追記】
オフコースの後、今は『X JAPAN BEST ~FAN’S SELECTION~』を聴いています。「ENDLESS RAIN」と「Forever Love」が飽きにくい曲ですね。