沖縄における民主主義のディレンマ

米軍普天間飛行場の移設のため、昨年12月14日、名護市辺野古の埋め立て区域への土砂投入が始まりました。

翌日15日の朝日新聞によれば、玉城デニー沖縄県知事は、「地方の声を無視し、国策を強行するやり方は民主主義国家としてあるまじき行為だ」、あるいは「民意をないがしろにし、県の頭越しに工事を進めることは、法治国家そして民主主義国家において決してあってはならない」と述べたとのことです。
政府が行っている辺野古埋め立ては、民主主義に悖(もと)る行動なのでしょうか。

文民であり、なおかつ国会議員である自民党総裁安部晋三氏は、国政選挙で勝利し、衆参両院で多数を占める与党から推され、国会の選挙で指名されて、内閣総理大臣を務めています。すなわち、安部氏は合法的かつ民主的に選ばれた首相です。
辺野古埋め立ても、その政治運営の一つでしょう。
どうしてそれが「民主主義国家としてあるまじき行為」なのでしょうか。

昨年12月14日付朝日新聞夕刊一面には「政府強行 沖縄は反発」、同15日朝刊一面には「辺野古 土砂投入を強行」、同日付社会面にも「投入強行『何を言っても』」など、「強行」の文言が見えます。
が、新聞を読んでも、政府の行為は明らかに違法である、とは書かれていません。
埋め立ては合法的だけれども、「強行」なのでしょう。法律に則って行われているけれども、感情的に許せないということなのでしょう。

辺野古の問題は、民主主義に反しているかいないかの問題ではなく、全体の民主主義と部分の民主主義は往々にして衝突しがちであるという民主主義のディレンマの問題であり、今回それが浮き彫りになったということでしょう。

単純化して言うなら、米軍の普天間基地を辺野古へ移すことに、日本国民全体は賛成の立場であるけれども、沖縄県民は反対の立場であり、両者のどちらを優先すべきか、あるいは両者をどのように調整すべきかが問題になっているのでしょう。

玉城知事は沖縄の「民意をないがしろにし」と批判しますが、では、国民全体の民意よりも、沖縄県民の民意を優先すべきというのでしょうか。それは、日本国民の「民意をないがしろに」することにならないのでしょうか。
沖縄は、部分の民主主義優先を貫徹できるのでしょうか。

沖縄では県内の某市の問題で、県と市の主張が対立することはないのでしょうか。
あるでしょう。
では、その場合県は、市の民意を優先しているのでしょうか。市の「頭越しに」県政を推し進めることはないのでしょうか。たぶん、あるでしょう。
それなら、どうして県と市の意見が対立した場合は県の意思優先で、一方、国と県の主張が対立した場合も県の意思が優先なのでしょうか。

沖縄は、県と市の意見が衝突した場合、どちらを優先すべきか、もしくはどう調整すべきか、その最善の方法を考えてみてはどうでしょうか。そして、その方法を、辺野古の問題に適用したら良いのだと思います。

沖縄県知事になろうとするほどの人なら、国と県の、県と市の意見が相違した場合の調整法の妙案ぐらい持って立候補すべきではないでしょうか。何の案もなしに立候補するのは、あるいは、国の譲歩に期待し、国と県の対立を煽るのは、ポピュリストだと言われても仕方がないのではないでしょうか。

実際問題として、部分の民主主義を全体の民主主義に優先することはできません。少数の人たちの利益のために、多数の人たちが不利益を被(こうむ)ることになりますから。そのようなことをしていると、民主主義そのものが破壊されます。

まず全体の民主主義と部分の民主主義の適切な調整法を見出すことを考え、それが見つからなければ、次善の策として、全体の民主主義を優先、を選択せざるをえないと思います。

【追記】
『岩波 社会思想事典』の「民主主義」の項目の一部を引用します。

「これまでは1国単位の民主主義が前提とされてきたが、それが実情に合わなくなってきた。国よりも大きな単位や、国よりも小さな自治体などについて、それぞれ民主主義を考える必要が生じ、民主主義の”重層化”とも言うべき状態が現れるなかで、さまざまな民主的決定をいかに調整するかが問題となっているのである。」

現実の政治は、眼前の”重層化”の何れかを決断・選択しなければなりません。
「問題になっているのである」などと言って済ましている人は、政治学者にはなれても、政治家には不向きでしょう。

学問はまず興味・関心から

1月14日付朝日新聞によれば、「独自の理論で日本古代史に大胆な仮説を展開した哲学者で、国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)の初代所長を務めた文化勲章受章者の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日、死去した」とのことです。

同日付同紙に、「評伝」が掲載されました。
梅原氏は述べたとのことです。

「デカルトの『方法序説』によって私は学問の方法を学んだ。学問にはまず『疑い』がある。その疑いは、それまでの通説に対する深い疑いである。そのような長い疑いの末、直観的に一つの仮説を思いつく」

私は学問とは無縁な人間ですが、おおよそ次のような具合ではないかと思います。
学問はまず興味、関心からスタートします。
何らかの分野に関して、興味なり関心なりを持ち、それを勉強なり研究して行く中で、ある時「疑い」が生まれるのでしょう。
物理に興味のない人からは、物理学上の有意義な疑いは生まれないでしょうし、政治に関心のない人からは政治学上の重要な疑いは生まれることはないでしょう。
疑いよりも、興味が先です。

興味を抱いた分野を研究している内に、ある問題に関して疑問が浮かび、その疑問を考えているうちに、ある日「一つの仮説を思いつく」。その仮説が真であることを証明するのが学問だろうと思います。

 

また氏は、「自らを哲学者と呼び、『すべてを疑い、権威に対して戦うことが哲学者の任務』と公言した」そうです。

戦後日本で哲学者とか思想家とか呼ばれる人たちは、難解な、普通の人たちが理解できないようなことを書いている分にはそれらしく見えますが、現実的な、社会的政治的な発言をする段になると途端に幼稚なことを言い出す人が少なくありません。
なぜでしょうか。

戦後風靡した(している)平和憲法、マルクス主義信仰、非武装中立論、東京裁判史観、核兵器廃絶論、現在流行のリベラリズムなど、そのような「権威」を疑ってこそ、真の哲学的精神だと思うのですが。
しかし、大方の哲学者、思想家たちは、それらに対して恭順の姿勢を示します。

梅原氏は2004年「九条の会」呼びかけ人になったとのことですが、それが「すべてを疑」った結果だとするなら、寂しい限りです。

【読書から】
「助教授ぐらいまでは、世紀の底のバラスト搔きをやっても差し支えないが、哲学教授ぐらいになったら、専門的知識や文献学的知識の煙幕をはることなく、自分の考えでどれぐらいの発言を、眼前の時事問題に対してなしうるかを示してくれてもよい。それはいわゆる『論文』よりも数等に哲学的思索を要し、危険で知的勇気のいる仕事であることがわかるであろう」(太字、原文は傍点 いけまこ)(渡部昇一著、「哲学と哲学者」『読中独語』、文藝春秋、23頁)

 

なぜ左派に偉大な言論人・評論家がいないのか

二十代前半より保守派の評論家の文章に親しんできました。
1980年代前半に「発見」したのが、竹山道雄氏、清水幾太郎氏、福田恒存氏、山本夏彦氏、渡部昇一氏などです。彼らを斑(まだら)理解しかしていませんが、この歳まで各氏の著書等を読んできて、いまだに彼らのファンです。彼らの文章は余り古びていません。

私は右派ですが、私と同年輩の、青年時代から左派だった人で、ずっと読んできて今でも面白いと思えるような言論人なり評論家なりを持っている人はいるのでしょうか。たぶん殆んどいないのではないでしょうか。
なぜでしょうか。

左派は進歩主義者であり、今流行っているか、近いうちに流行るであろう思想・立場を追い求めます。その方が、世間から先見の明があるとか、良心的だと思われるからでしょう。また、そういうスタンスをとる方が実入りが良いからでしょう。

しかし、流行りものは廃りものです。現実は、彼らの予想とは違った方向に進みます。左派の評論家に先見の明があるわけではありません。彼らに時代の先を見通す能力などありません。たとえば冷戦時代、進歩主義者は片足もしくは両足をマルクス主義の足場の上に置いていました。が、冷戦後足場そのものが崩落してしまいました。すなわち、彼らは進歩主義者なのに、進歩に裏切られます。結果、彼らが愛する思想が破綻し、パラダイムが変わります。すると、彼らの書いたものが一挙に古びてしまう。戦前の言論が、戦後ひどく間抜けて見えたように(注)。
朝日新聞の論壇時評欄などは、その手の論や文の宝庫でしょう。そこで推奨されている論文を、数年後誰が読むでしょうか。
という訳で、左派には長期的に読むに耐えうる著者は少ないのだと思います。

もう一つ、左派の評論家の言論の息が短い理由は、彼らは可変的な制度ばかりを見て、不変的な人間性を見ないからでしょう。というよりも、彼らは人間性をも可変的だと誤解する。だから、現実に裏切られるのです。

右派の言論人・評論家は、文学者が多い。彼らは不変的な人間的自然を思考の基礎に据えている。だから、右派の評論家の文章の方が、息が長いのだと思います。

(注)
戦前、戦意高揚記事を書いたのは右派だと思われがちですが、書いた中の少なからぬ知識人たちが、あるいはその旗を振ったメディアが、戦後左派に転じたのでも分かるように、進歩主義者=勝ち馬主義者といったタイプの人たちは、以外に多いのです。つまり、「今流行っているか、近いうちに流行るであろう」立場に、ダボハゼのように飛びついて行くのが彼らの習性です。

北東アジア核兵器地帯構想

迂闊でした。
北朝鮮の核やミサイル開発は、対米対韓対日のためにやっているのだとばかり考えていました。が、某氏の、今年1月1日付のブログ記事を読んで、今更ではありますが、対支対露のためでもあるのに気がつきました。

北朝鮮は、独立(対支対露対韓対日対米)と体制維持のため、核・ミサイルの開発を続けています。考えてみれば、同国の行動は、日本に向けられた匕首(あいくち)である朝鮮半島を、支那とロシアから守ってくれている面もあります。日本が日清、日露戦争をたたかわざるをえなかったのは、その短刀を支那やロシアに渡すわけにはいかなかったからでしょう。

米露支、そして日本もそうですが、朝鮮半島の周りは大国ばかりで、北朝鮮であれ、韓国であれ、統一韓国(朝鮮)であれ、核兵器を持ったとしても戦争はできません。この点、日本も同じです。

わが国は、北朝鮮の独立の気概を少し見習ってはどうでしょうか。対米同盟強化を通じての核武装化が、その近道だと思います。

台湾も含めて各国が、核兵器を保有しているけれども、平和を維持している、そのような北東アジアを目指すべきだと考えます。